試しングエルス

WEBとかイラストとか雑記メインの実験場。

本を読んだ感想「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方 岩田松雄

最近読んだ本の感想&自分の近況と感想

本を薦める女性のイラスト@nitrokonb

久しぶりに読書感想を書く。2ヶ月ぶりにもなるようだった。他人事。すっかりサボり悪魔である。ブログサボり魔。でもしっかりアクセスの伸びは見ていたんですよ。ええ。

なるほど。ふむふむ、では読書感想系のカテゴリはどうかね?社長のような心持ちでポーズも手を後ろに組みながら見に行く。が、全く伸びていない。凹む。書く気が失せる。この手のカテゴリはやはり先人達が強いのか。

しかし書く。書かねば忘れるから。あと少しでも地肉がpvの稼ぎになれというもったいない根性で書く。しょうもない理由。pvにねじ切れるまで踊らされる。仕事で踊らされそれが嫌で書き始めたのではなかったか・・・。

読まれない理由はわかっている。致命的に文章に惹かれる要素がない。他のエントリーとか見ていると明らかだ。単純に面白くない。

あとは自分のカテゴリーがWEBだから。そりゃそうだ。今からでも雑記グループに戻ろうか。しかし違う。雑記目線で書く本の感想と、WEBの目線から書く本の感想は違うはずだ。それはたとえビジネス書でも。本は偏った同じカテゴリは読まない。当たり前のことしか書いていないから。色んな本を読んで自分の仕事に生かす。それが脳みそが少し猿より進化した人間の知恵だから。そう心で納得しながら今は「波よ聞いてくれ」を読んでます。沙村広明著。ええ、そうです漫画です。面白いです。4巻出るんか。買お。

 

 

 

この本の感想が真っ二つな理由

今回はこの本を読んだ。「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方。著者は元スターバックス代表取締役の岩田松雄さんだ。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

 

 

感想に入るがこの本は評価がamazonで割れていた。「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方には「参考になった」派と「当たり前のことしか書いてない」派がいる。

自分もどちらかといえば後者だっったので読み終わった時、やっちまったなおいと思った(こんな時でもしっかり読み切る自分の性格は嫌いではない)。

自分の突っ込みどころはこの人の経歴を読んでいるところから感じている。大阪大学経済学部を出て日産、UCLAアンダーソンスクールに留学して外資系コンサル、コカ・コーラ、ペルソナファンにとっては馴染みの深いアトラスからタカラ、ザ・ボディショップ、それからスターバックスまで常務取締役や代表取締役を務めてきたいわゆる雲の上の成功者であり、書かれている内容が時々下々の人間には理解できないところがちょいちょいあるように思う。「当たり前だろそんなこと紙に書くなもったいねーだろ」「頭大丈夫か?」「お前らがやっていないようなことで代わりに頭悩ましてんだよこっちは」などと頭の中が軽くパニックになる。いやまじすみません岩田さん悪態ついて。こっちは本体価格1,400+税も払っているので許して。

もしかしたら旧態依然とした会社体制と古くからのリーダー論がはびこっている大手の会社を経験している岩田さんだからこそのこの「リーダーは弱くてもかまわない。」という言葉になるのかもしれないと思った。

 

視野が変われば読み方が変わる

ここまでは作業者の心理。でも作業をこなすだけの言いたい放題の作業者側から統率するリーダーに選ばれたら?自分もその立場だからこの本を買った。本の中にも勧めてあるが身銭を切って買った。その方が自分は読むから。その他にも魅力的なキャッチが帯にも目次にも踊っている。「リーダーはかっこいいとは限らない」とか「リーダーは饒舌でなくても構わない」とか「リーダーは部下と飲みに行かない」とか。ここら辺は確かに世間イッパン的な求められているリーダー像とは違う。リーダーはかっこよくて常にしゃべりも考えも達者で部下達とコミュニケーションバッチリで飲みにも頻繁に行く・・・そうではないリーダーが、自分の求めている内容がここにはあるような気がした。

 

しかし読み始めてみると岩田さん自身も言っているが普通の考え方をしたおっさんだ。(あとで写真をみたらやっぱりオーラがあった。普通のおっさんですなんて嘘じゃないか!)生え抜きからリーダーに選ばれた人間には必ず備わっている素質のことをこの岩田さんは言っているだけなのだ。だから一部の人の感想が「当たり前のことを言ってます」になると思う。そらそうだ、そこを経営者はあなたのそういう人間的に優れている面を見抜いて抜擢しているのだから・・・ その方も「リーダーに自然と選ばれてあわてて書店かアマゾンでこの本を見つけて買って読んだ人」だと思う。

 

この本を読んで欲しい人は

人がいい=リーダーに向いているというわけではない。もし、なにか間違ったリーダー論を聞いて「自分はリーダー向きでは決してないけれど、弱くてもいいリーダーになっていこう」という人はこれを読んで足りないところを補完していきましょう。 逆に勉強になりますという人は生粋のリーダー人生歩んでいますタイプではないだろうか。子供の時から何かのまとめ役で人を動かしたり指図したり好きなタイプ。俺とは真逆で羨ましい限りだ。そういう人間には役立つと思う。半分リーダー論も入って選ばれる人間性の部分も入って書かれているからぜひ読んで立派なリーダーに成長してなってください。

そこらへんの旧態依然としたリーダー像をこの著者は『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』を元に「第四水準」と読んでいる。カリスマ性があって皆をガンガン引っ張っていく水準だ。その上の水準、『第五水準」がこの本の進めるリーダー像である。謙虚さと自分への責任感を持ち、人格者としてある。それが自分は目指すべきだと感じた、そう書いてあった。

40代でこの本を読んだとき、とても勇気付けられたものでした。私自身、カリスマ型のリーダにはおそらくなれない。ならばタイプの違う『第四水準』を目指しても仕方ない。

 

最後に

俺は「指示好き人間」のくその典型みたいな人間を知っているが、立派な人間になる期待を込めて、この本は周りが勧めたらいいと思う。ただ俺は絶対この本そいつに渡さんけどな。もう少し謙虚さを学ばないと周りも協力してやろうと思えないんだよなあ。もう少し成長して、いい方に伸びる芽が出てきたら渡そう。謙虚になることもこの本ではずっと言っている。

 

自分は「上から命令する」のが嫌いなのでこういった本に出会って拍子抜けしてしまったのかもしれない。なんだそんなことか。やってるつーの。その感想が出るべき人が読んで口から出るのが正しいのかもしれない。これ以上は内容には触れない。自分には当たり前。そらそうだろが多すぎて思い出せないから(笑)あとは学歴がついたら説得力があがるんかな。最後のあとがきの輝かしいプロフィールを読んでため息をつく。そんな内容。

新米WEBディレクターが4つのプロジェクト管理ツールを試して撃沈した話

全国の作業監督者の皆様こんにちは。

そろそろチーム管理が滞りだして、ツールに頼りたくなってきた頃ではないでしょうか。

そういった環境の皆様にまずお伝えしたいのは、


「始めからツールに頼っても上手く行かないぞ☆」


という経験からのアドバイスである。

 

あと各ツールに比較と一言ずつ冷酷で無慈悲な評価をしていっているので、作業に行き詰まってキレそうになる前に、もっと哀れな奴の経験談をみてやる気を取り戻して欲しい。

 

 

 

かくいう私も管理者童貞

実際に「誰がどういう予定でどこまで進んでいるか進捗をチームが確認しあえる」状況を作らないといけないとき、貴方ならどうするだろうか?

よく「可視化する」なんて言われるけど、僕は実際何をすればいいかわからなかった。

 

結局最適な案なんてものもあがらず「結局無い」という真実に最後は辿り着くのだが(後述する)、それまでにいろいろアプリケーションの力を借りて管理できないか試してみたのだった。

 

自分の置かれていた状況

新しいウェブサイト構築のために集まったWEB制作チーム。

システム管理1人、デザイナー兼WEBデザイナー3人に、管理者である自分1人。

 

とにかく全体の把握が急がれたし、進捗も早いか遅いかも分からないので細心の注意を払って一人一人に対応を心がけた。

 

自分はデザイン知識と薄いhtml知識のみ。WEBデザイナーでもなければディレクションも経験なし。WEB制作会社を経験してきたベテランとはやり方があわずバチバチ状態。

 

問題点は

  • 共通のルールが無いこと
  • 一人での管理に限界があること
  • だれが何をどこまでやっているのか確認と報告が追いつかない

 

これらを共通できるツールを導入することによって一気に解決出来ないかと考えた訳だ。そしてディレクターでもウェブデザイナーでもない人間が、ツールに頼ることによって日々の忙しい作業の合間でも、多少冷静にでも喧嘩ができればいいのにと思い試して比較してみた。

 

比較したフリーのプロジェクト管理ツール一覧

  1. Jooto
  2. Producteev
  3. Trello
  4. Wrike

 

 

選んだ基準

  • 無料管理ツールとしてどこまで使えるか
  • チームで使えるか
  • 中・長期的なカレンダーやガントチャートでの管理ができるか
  • 日本語に対応しているか
  • 素人でも使えるか

を重視している。

 

 

使用感と評価

1.Jooto

管理ツール紹介01@nitrokonb

Jooto

ジョートーは可視化されたタスク管理が魅力。テキストだけではムリなタスクに向いている。 創業者は日本の方なのか。へー。

 

メールが多すぎて、業務が煩雑に・・・

会議しないで済む方法はないかな・・・

付箋やメモをネット上でシンプルに操作できたら・・・

プロジェクトの進行状況をメンバー全員がリアルタイムに把握できたら・・・

場所を問わずどこからでも、皆が同じホワイトボードを見て使っているようにプロジェクトが進んだらいいのに!と。

そしてすぐにタスク管理ツールJooto(ジョートー)を開発、社内のコミュニケーションツールとしても機能するようにしました。

 

 

どういう使い方が一番いいかと悩んで使い切れなかったけど、この制作意図を読んであー納得。イノベーションを大事にしているオフィスによくある付箋を誰にでも見える廊下とかに共有しておくようなイメージね。ほんほんなるへそ〜

 

評価:ここはシリコンバレーじゃねーんだよ!フセン見てる余裕の無い戦場なんじゃ!

 

2.Producteev

管理ツール紹介02@nitrokonb

 

www.producteev.com

プロダクティーブはジョートーと比べると充実した内容だと思う。

 

タスク管理・上から処理していくという単純な処理だけではなく違うスケジュールも並行して管理できるところが使いやすい。

 

必要な管理ツールを沢山もっている代わりに少し挙動が遅いのと、日本語の不可思議な翻訳のせいで余計な手間がデメリットだった。今後の日本語対応・もっさり動作の改善が待たれる。

 

評価:地味にイラつくんじゃ!パパッと動けえい!

 

3.Trello

trello.com

トレロは最も導入がスムーズだった。

 

Gmailアカウントを使用している会社なら簡単に扱えるだろう。

使用感はジョートーと近い。ライクは初めの無料で全機能使えるのがステキだ。2週間のタスク管理なら事足りる。

 

その後機能が大分制限されたが、安定性やストレスフリーな動作を見るとまだ許せるレベル。ただ仕事場が離れているわけでもないので細かいことでも確認しあえる環境だったので今回はパス。

 

管理ツール紹介03@nitrokonb

ご紹介させてください。こちらがTrelloの広報担当ハスキー犬のTacoです。いろんなところに顔を出しますので、以後お見知り置きを。

 

・・・・・・。

評価:windowsの物知りイルカを彷彿とさせるんじゃ!ムカつくんじゃ!

 

 

4.Wrike

管理ツール紹介04@nitrokonb

Wrike - プロジェクト管理

 

細かくタスクや問題点をチケット化してリストで見せることが可能。タスクの下にミニタスクを付けられる。

 

有料だが月ごとのカレンダー機能が自分は見やすかったのでよかった。ガントチャートも中長期スパンでの見せ方ができる。他は短期のカレンダー把握は優れているが、先を見越した見せ方ではない。

 

プロジェクトを並行して何本か走らせていたので、何本もタスク型サイトマップが作れてタブによってプロジェクトごとにも全部通しても見れるのはありがたかった。

 

問題点があるとすれば、詰め込みすぎてわけわからなくなるところか。

 

これ管理できるならそもそも有能な管理者になれるのでは?といった真実を突きつけらた感じがするゾ。

 

評価:人数制限無料なら4人はキツいんじゃ!追加のお金がいるんかい!

 

最終評価

最終的な決め手の一つが
チームで運営していく上で意外と苦戦したのがタスクやチケットをリストで見たい派と、可視化して時系列を見たい派の対立だ。

そんなわけで最終的に使う人に合わせていろんな見え方・設定が出来る点でライクを選んだ。

 

www.wrike.com

 

4つを比較しての感想

 

如何だっただろうか。

技術的なことはわからないが事細かにチェックしてプロジェクト管理したいという人にはライク。ジョートーとトレロはショートタスク向き。そして日本語完全対応とサーバーのパワーアップが待たれるプロダクティーブという結果だった。

 

Redmineも試したかったが素人にはまだ難しかったのでノータッチ。これが一番良さそうな気もするんだがなあ。

Redmine.JP — Redmine日本語情報サイト

 

最後にものいうのは顔を付き合わせてのクイックな対応と尻叩きになるのは思い知ったのであくまでもプロジェクトの管理補助で付き合うのが好ましいように思う。

 

結局自分の場合は、使ってくれない奴がいるせいで簡単に破綻したんですよね。協力体制と早い段階での導入で、皆のスピードを殺さない様にしましょう。ハハッ

 

自分一人で使うアプリとして使うのもアリだと思ったので参考にしてみてほしい。お互い失敗しないように頑張りましょうや。

chromeの翻訳機能の表示・非表示のやり方メモ

要らない時に頻繁に出て来てほんとに必要な時に全く出て来ないもの、なーんだ?

 

そう、Chromeブラウザの「翻訳機能」ですね。

 

今回は出し方引っ込め方をメモってるんで。ういっす。よろしくっす。

 

翻訳ポップアップを再度表示する方法(Chrome

chrome翻訳の仕方01@nitrokonb

 

 

英語表記のままがいい時、オプションで英語に翻訳しないを選択するといちいちポップアップしなくなる。

 

chrome翻訳の仕方02@nitrokonb

 

 

やっぱり表示したい!

再表示するには 右クリックで「日本語に翻訳」を選択。これが早い。

 

chrome翻訳の仕方03@nitrokonb

 

もしくは右上のハンバーガーメニューから設定を押して、詳細設定の中にインクルードされている言語チェックボックスでオンオフが可能。

 

さらに言語を管理で、どこの国の言語を翻訳するかも選べるようだ。フランスのサイトをよく見る人はフランスを追加しておくと英語より優先的に表示される、らしい。

 

他言語を同時に翻訳は無理ということだろうか。

Chromeの「この接続ではプライバシーが保護されません」現象を解消した

現象の起こった状況

グーグルChromeでアップルのデベロッパー登録ページhttps://developer.apple.com/programs/enroll/jp/にアクセスしようとすると

「この接続ではプライバシーが保護されません」がでて、ページが表示されないという現象が起こった。

 

chromeの警告画像01@nitrokonb

 

 

おいおいまじか。プライバシーが保護されないってなんだよ

よく見ると攻撃者が〜とか不正に取得〜などハッキングされかかっているかのような警告が出てくるではないか。

ビビるワァ!

 

試しにsafariで開いてみる。

chromeの警告画像02@nitrokonb

「識別情報を検証できません」とでた。

原因としては接続エラーによるものらしいが、深くは分からず。

https://support.google.com/chrome/answer/6098869?hl=ja

 

とにかくハッキングされているわけじゃないのでOKと判断。

 

ハッキングなんて(心当たりがなければ)そうそうないのに、すげー怖がるのは映画の見過ぎか。

「おいらのパソコンにハックしてくるなんて、ヘヘッやるじゃん♪」 みたいなシーンは俺の人生でいつかやってくるのだろうか。

 

自分がやった解決方法

どうやらSSL証明書が本当に失効しているみたいなので繋いでもよさそうだ。

 

chromeの警告画像03@nitrokonb

 

左下の詳細設定から(安全ではない)とついたURLから本来のページへアクセスできる。

(危ない)より(安全ではない)の方がマシと判断していいのか?

日本語って難しい。

chromeの警告画像04@nitrokonb

今回はこの1回で解決したのでここまで。本当解消しただけ。

 

根本的に治すには

 

  • Chromeのアップデートをして最新バージョンにする
  • SSL証明書を改めて発行しなおす

 

かなーと思いました。

あとはその場しのぎにしかならんので、安全を確認して自己責任でやるしかない。 

 

あとがき

初めて文字を隠す黒塗り画像を作ってみて役所気分を味わえました。

罪悪感半端ないねこれ。よくやるよ。

ブルーボトルコーヒー・ブレンド・セレクションをいただいた感想

コーヒー好きは一度飲んでほしい

ブレンド3種コーヒー豆セットを頂いた。美味しかったので、引き出物や物日でのギフトにお勧め。たけーけど。

 

ブルーボトルって東京に6店舗しかないんやね。名前は知ってるけどなかなか飲めないコーヒーとしてしか知らなかった。

 

届いた時は写真とまんま。箱を開けたらすぐコーヒーの入った袋と封入物が見える。過剰な包装は取り払われてすっきりとした印象ですな。

 

使用した器具・・・コーヒーミルはこちら。

 

Melitta(メリタ) セレクトグラインド MJ-518 (ブラック)

Melitta(メリタ) セレクトグラインド MJ-518 (ブラック)

 

 

コーヒーミキサーでは検索に引っかからないので注意。手で引くより電動が楽ね。あとメリタがドイツでカリタが日本なのね。知らなかった。

 

コーヒーメーカーはアロマボーイです。

 

Melitta(メリタ) コーヒーメーカー アロマボーイ 1杯用 MKM-251/C

Melitta(メリタ) コーヒーメーカー アロマボーイ 1杯用 MKM-251/C

 

 

もうね、ただの湯沸かし器ですけどもね、雰囲気重視だからいいんですよ。お部屋のインテリアに合います。

 

3種類のコーヒーの感想

はい、肝心の味よね、味。上から飲んだ順ですね。

 

「ベラ・ドノヴァン」

3種の中で一番フルーティーだった。

一番最初に飲んだせいか薄味に感じてた。

 

あれ?と思いながらも飲み続けると原因が判明。

どうやら最初だからとビビって粉を少なめにしてしまってた。

お湯多めになってた。薄いわそりゃ。

 

2回目からは「粉はもったいぶらず十分に入れる」を心がけてからはうまい。市販のようなどろどろした苦味と酸味のハーモニーはなく(それはそれで好き)さっぱりとした飲み口。それゆえ牛乳とは合わなかった。混ぜるより単体の方が美味しいと感じるなんて!

 

完全に好きに飲んでおります。2つ目が

 

「スリー・アフリカズ」

これもさわやかな飲み口のコーヒー。ベラ・ドノヴァンよりもフルーティー感は抜けているが飲みやすい。コーヒー嫌いな人でも飲みやすいと思った。

 

ただ優等生すぎて味の感想としては埋もれがち。ちょっと忘れてきたしな。お客様に出した時に美味しそうに飲んでくれたのが好印象だった。

 

3つめがジャイアント・ステップス」

これが一番濃ゆくてコーヒー感が一番強い。

なのに鼻の抜けが良く身震いする香りと美味しさ。これはもはや合法ドラッグ。上質な葉巻を嗜んでるかのようなおとなの時間を過ごせる味。ちょっと言いすぎたけど。

 

自分が好きな順位をつけるとしたら「ジャイアント・ステップス」「ベラ・ドノヴァン」「スリー・アフリカズ」の順番かな。

でも一つだけ贈り物に選ぶなら優等生で無難な「スリーアフリカズ」にするかも。3つ楽しむから意味があるコーヒーですな。

こんなに味が違うなんて、感想をもらった側もいいやすいかもね。「あれこんな味でよかったですよ」って。

 

正直自分用にもう一回このセットを飲みたくなってきた。

 

オンラインショップで「ふつーです。ひじきふりかけの方が美味しいと思う」というコメントが入っててわろた。味の違いを楽しみたいという欲求がある方やコーヒー大好きな人に贈るギフトがいいかもね。コーヒー嫌いにこそ飲めるコーヒーだと思うんだけどな。

価値観がふりかけと同列なんだもん。好き嫌いはある程度見極めた方がいいね。でもね、この人自分用に買ってるんだよ!思考がわからぬ。

 

今期のアニメまじで視聴0説

20170609215523

まずは今期のアニメの数を振り返る

52〜53本はあるのかな?その中で続編が10〜11本ある。

正直全く見ていないかと言われると、1話切りはある。

いやごめん、嘘ついてるみたいになっちゃってっけど作品を2話以降みてなおかつ最後まで見終わるアニメがなくなったのが本当のところ。

 

年か年なのか

子供の頃からあんなに好きだったアニメも見なくなる時が来る。

若い時に「アニメなんて(笑)」とバカにする奴もいたが、大人になってからは違うことに時間を使うようになるんだ。だったらやっぱり若い頃に楽しんでおけばよかったなと思うわけよ。

ちらと来期のラインナップも見てみた。

が、絶対これは見る!とまではいかなかった。

ついにこの時がきたか。

悲しい。

 

豊作・不作ブログ記事用に無料イラストバナーを描いた

もう年なんで自分は豊作か不作かだけではアニメを語れなくなってきたが

ブログを嗜む諸兄らにはまだまだ必要かなと思って

「今期(今年)のコンテンツを振り返る用のイラスト」を2種類用意したので

こちらの記事で紹介しているので試しに使ってみて欲しい。

skillage.hatenablog.com

 

豊作か不作かを振り返るブログ用無料イラストバナーを描いた

ブログ用豊作イラスト@nitrokonb

ブログ用不作イラスト@nitrokonb

 

1クールごとの振り返りや総括記事に

自分はWEBページやブログなど作るときの問題の1つに、欲しいデザインやイラストが手に入らないという場面がめっちゃある。

 

自前で用意できればいいけど、大概は大量の素材のフリー画像や有料の写真に頼らないといけない場面も多い。

 

ブログのトップバナーもあるのとないのでは印象と目の引き具合、直帰率・離脱率にも大きく作用すると思ってるんやけどどうやろうか?

え?そんなことない?うーん試してみんとわからんなぁ・・・

 

 

というわけでそんな現状やニーズを調べて、自分なら何ができるかを地道に試していきたいと思って用意したのが上記の2枚だ。

 

まずはしっかりと内容に沿ったイラストと見出しを載せたバナーが反応があるかどうか、そして使ってもらうのが目標。

今回はアニメや映画・ドラマなど、年間から半年、月ベースでの振り返り記事を書くときに使える無料のトップバナーイラストを用意した。

 

 

ちなみに今期のアニメの豊作・不作の件は自分が書こうと思っていた記事。同じような記事を書こうと思っている人に使って欲しいっす。

 

ブログ用に使っていいフリーイラスト素材として

トップバナーとしてのブログ用イラスト。サイズは適当。縮小したりサイズを変更しても使ってもOK。 

 

ただ@nitrokonbを見える位置に置く、または使う時などに引用元のこのページにリンクを張ったり、反応をください(懇願)ぶっちゃけ何も反応ないと効果が分からないので続けようがないんや・・・

 

ツイッターも用意したのでそちらで声かけてもらってもOK。めっちゃ質素やけど堪忍して。

twitter.com

あまりに反応がない場合や無断で使われる状況が確認できた場合は、これ以上種類は増えない予定。

他の利用規約

  • 著作権はnitrokonbにあります。
  • ブログやサイトでの利用以外の使用は禁止です。
  • 販売目的の使用は禁止。
  • イメージを損なう使用が見られた時。
  • 使用する際は一報かリンクをあってくれるとOK。
  • その他著作者が不適切と判断した時。

これらの規約に反する場合、使用に値しないとしてご利用をお断りします。

 

とにかくそれなりのフィードバックが見れるのを当面の目標にしよう。反応が良ければ描き方やデザインなどの方法も伝えられるかもしれない。